追加し保険料徴収? 副業先で労災あると 給付は賃金合算方式だが

2020.06.05 【労働保険徴収法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労災法の改正により、複数就業者に対する補償が手厚くなるようです。副業・兼業は本人の判断に任せますが、基本的には、当社就業が「主」、他社就業が「従(副業)」となります。副業先で事故が発生しても、改正法の施行後は、当社賃金も含め保険給付の金額が決定されるということです。この場合、当社に追加の保険料負担は発生しないという理解で良いのでしょうか。【大阪・K社】

A

全業種に対し一律上乗せ

 複数就業者の事業場間移動中の事故については、平成18年改正により通勤災害として補償の対象に加えられました。しかし、保険給付の額は「移動先の事業場」の賃金に基づき計算する規定となっていました。

 しかし、令和2年3月31日公布の改正法により、「公布から6カ月以内の政令で定める日」から、複数就業者に対する補償が拡充されます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年6月8日第3260号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ