海外派遣どう健康管理? 予防接種は対応済み

2020.03.14
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 150人の製造業です。今回、ベトナムに工場を出すことになり、初めて社員を海外派遣することになりました。中堅社員を送りますが、工場の立ち上げなど何年か大事な仕事を担ってもらうことになり、健康管理も心配です。予防接種は受けさせていますが、聞けば、血圧の薬を飲んでいるということです。どんな対応をすればよいでしょうか。【東京・U社】

A

医療機関の情報収集を 6カ月以上なら健診必要

 感染症予防として、予防接種を勧めておられるのは良いと思います。派遣国によって必要なものが違いますので、厚生労働省検疫所や外務省海外安全ホームページ、渡航医学会などの情報を確認してください。

 そもそも常用薬を必要とする人を派遣して良いのか、という問題があります。お尋ねのケースではおそらく問題ないものと思いますが、一般論としては、現地で受けられる医療の実態を確認し、現地での継続医療による原疾患の管理が可能かどうかで、その方を派遣できるかどうか判断すべきとされています。糖尿病などは難しいケースもあるようです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年3月15日第2350号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ