保険料は支払う? 解雇無効判決が出たら

2020.02.25
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員を解雇したところ、地位確認などを求める裁判を起こされました。届出の期限などがあり健康保険の被保険者資格は喪失させましたが、仮に解雇無効判決の場合、社会保険料の支払いはどうなりますか。【福岡・M社】

A

遡及して徴収の対象となる

 解雇無効の場合、遡及して社会保険料を支払う必要があるといえるでしょう。

 従業員を解雇した場合、その翌日に被保険者資格を喪失します(健保法36条)。裁判所への提訴や仮処分申請中だったとしても、明らかに労働法規等に違反していない限り、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年2月24日第3246号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ