待期期間どう考える 管理職で欠勤控除なし

2019.12.03
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の管理職が、所定労働時間中にケガをして病院に行きました。翌日からは休業に入っていますが、管理職ですので、休職発令が出るまで欠勤控除なしです。この場合の待期期間の考え方についてお尋ねしたいのですが、賃金がストップして3日経過して、初めて休業補償給付の請求が可能になるのでしょうか。【秋田・K社】

A

満額支払い でも休業日

 労災保険の休業補償給付は、「業務上の傷病による療養のため労働不能で賃金を受けない日の第4日目」から支給されます(労災法14条)。一部労働不能で、「平均賃金と実労働時間に対して支払われる賃金との差額の60%未満しか受けない日」も休業1日とカウントします(昭47・7・31基災発14号)。

 通常であれば、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年12月2日第3235号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ