「加熱式」は喫煙可能に? タバコ禁止どう取り組む

2019.12.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 東京オリンピック・パラリンピックも近づき、当社でも社内禁煙に取り組もうということになりました。愛煙家からは、「落ち着ける」「喫煙家同士の情報交換」など、喫煙のメリットも言われるなか、全面禁煙でなくアイコスなど煙の出ないものはOKにしようという提案が出ています。実際、煙の出ないたばこは受動喫煙がないのでいいような気もします。どのように対応すべきでしょうか?【神奈川・O社】

A

本人疾患リスク低減せず 健康増進法でも規制対象

 アイコス、ブルーム・テック、グローといったブランドのたばこは「加熱式たばこ」といわれ、タバコの葉に直接火をつけるのではなく、これを加熱してニコチンなどを含んだエアロゾルを発生させる方式のたばこです。紙巻きたばこと比べて有害物質が90%以上低減されている、といった宣伝をご覧になった方もおられると思います。また、火をつけないので原則として副流煙がないともされています。

 加熱式たばこは、喫煙者の口からのエアロゾルの呼出があり、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年12月1日第2343号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ