60歳前半に繰り上げたい 老齢年金は63歳から

2019.11.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 定年時に、体調不良が原因で、嘱託再雇用を選択せずに、完全リタイアされた元従業員(男性)がおられます。本来なら、63歳から年金受給のはずですが、「繰上げ請求を検討したい」とお電話がありました。63歳から65歳までは老齢厚生年金部分だけの支給ですが、どのような形で繰上げが行われるのでしょうか。【広島・O社】

A

65歳の経過的加算も減る 基礎年金も受給始まる

 63歳から年金(60歳代前半の老齢厚生年金)が支給されるのは、昭和32年4月2日から昭和34年4月1日までに生まれた年齢階層(男性)です。

 ご質問にあるとおり、63歳から65歳に達するまでの間は「60歳代前半の老齢厚生年金」のみが支給され、65歳から老齢基礎年金・厚生年金の両方が支給される形に変わります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年11月1日第2341号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ