リース車両でも評価損? 事故で破損して価値低下

2019.09.14
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 運送会社を経営していますが、輸送業務中にリース品の冷凍庫付き大型トラックが居眠り運転の車に追突され、壊れてしまいました。事故でトラックの評価額が500万円下がったため、加害者に修理費用等と合わせて評価損の賠償請求をしたところ、相手はリース品の期間満了後は再リースをするか返還するもので転売は想定されていないから、評価損害を被ることはないと主張して応じません。評価損は賠償してもらえないのでしょうか。【神奈川・М子】

A

契約終了時に損害出れば 資料や専門知識が必要に

 通常リース品は、契約上借主からの買い取り請求ができる旨の規定は設けられておらず、有償での譲渡は想定されていないでしょう。しかし、再リースせずにリース会社に返還する場合、多くのリース契約では、リース会社が車両を相当の価額で処分し、処分代金から処分手数料等を控除した残額と、リース期間満了時の車の残価として契約時に設定された金額との差額について、清算する旨の規定が置かれています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年9月15日第2338号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ