つり荷落下の災害対策は 移動式クレーン使用する

2018.06.25
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 移動式クレーンにより荷をつっていたときにつり荷が落下する事故がありました。移動式クレーンを使用する作業を行うに際して、つり荷の落下による労働災害を防止するために、留意すべき事項についてご教授ください。【埼玉・O社】

A

直下や周囲を立入禁止に 玉掛け方法限定せず

 移動式クレーンを用いる作業では、つり荷の落下や移動式クレーンとの接触、あるいは移動式クレーンの転倒等による労働災害が発生しています。

 つり荷の落下による労働災害の防止に関しては、適切な作業方法や強風等の気象条件等にも留意して作業を行うことが大切です。以下につり荷の落下による労働災害の防止措置やその留意事項等に関する主な事項について説明します。

1 つり荷の落下等による労働災害の防止

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年7月1日第2309号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ