育休中も保険料納めるか 年金額への影響気になる

2015.01.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の部長が、ワーク・ライフ・バランス推進のため、率先して育児休業を取得します。当人から、「将来の年金受取額を考えると、保険料の免除を受けずに、全額支払っておいたほうがよいのではないか」と質問を受けました。そういう選択もあり得るのでしょうか。【東京・S社】

A

納付なくても額変わらず 国年の免除期間と異なる

 育児休業中の社会保険料免除は、「事業主が申し出る」のが前提です(健保法159条、厚年法81条の2)。ですから、申出をせずに、そのまま保険料を払い続けるケースもあり得ます。

 ご質問の方は、「あえて保険料の免除を受けなければ、将来の年金額が高くなる」と考えておられます。しかし、育児休業期間中の保険料免除…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月1日第2225号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ