石綿拠出金率が引下げに 適用されるのいつから?

2014.03.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労働保険料の年度更新の際には、「石綿一般拠出金」を合わせて支払います。拠出金率が引き下げられるという話を聞きましたが、平成26年支払い分から適用になるのでしょうか。当社は建設業で、有期一括の対象です。【東京・K社】

A

継続事業は26年納付から 有期一括事業も同じ扱い

 石綿健康被害救済法に基づき、労災保険の適用事業主は一般拠出金を納付する義務を負います(35条)。一般拠出金の率は平成19年以来1000分の0.05に定められていましたが、平成26年4月1日から1000分の0.02に引き下げられました(平25・12・19環境省告示111号)。

 年度更新の時期に支払う確定保険料・概算保険料・一般拠出金の考え方は以下のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月15日第2206号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ