酸欠から身を守る方法は 事故多いマンホール内作業

2014.02.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 マンホール内での作業で死者が発生した事故が、最近のニュースで報じられていました。なぜ、何もないと思われる場所でこのような事故が起こるのか、またどうしたら防げるのかをご教示ください。【青森・S社】

A

酸素濃度の測定怠るな 教育結果はテストで評価

 人の体は、空気を吸い込むことでその中に含まれる21%の酸素によって生きています。酸素の量が18%まで下がると除々に苦しくなり、12%を下回ると機能しなくなります。この状態は空気の中に、酸素以外の気体が何らかの理由で入り込み、その分酸素の量が少なくなることで起こります。最近起こった事故は、硫化水素だと報じられていますが、腐敗した物が混じった汚水から発生するのがこの硫化水素です。そのため、酸欠則では、マンホール内での作業開始前には、計測器で酸素や硫化水素の量を調べるよう定められています。

 過去に発生した酸素欠乏による事故を、いくつか取り上げ紹介します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年2月15日第2204号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ