政府の保障事業に請求? 自賠責は有効期限切れ

2014.02.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 高齢の姉が自転車事故で死亡しました。相手は乗用車ですが自賠責保険の有効期限が切れた無保険車でした。しかし、任意保険には入っておりその補償が受けられると思っていたところ、姉の家族は、任意保険会社の担当者から無保険車の事故だから政府の保障事業に請求するようにいわれたとのことです。どうすればいいでしょうか。【新潟・N生】

A

任意保険あれば利用可 補償ない場合の救済制度

 交通事故に遭ったら、その損害は加害者の自賠責保険や任意保険で賠償してもらうのが一般の交通事故の解決方法です。しかし、加害者の車に自賠責保険や任意保険がかけられていなかったり、盗難車で自賠責が使えなかったり、あるいはひき逃げで加害者が分からなかった場合等、被害者が損害の補償をまったく受けられないことがあります。こうした被害者を救済するために設けられたのが「政府の自動車損害賠償保障事業」です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年2月15日第2204号 掲載
ページトップ