65歳前に継続雇用拒否? 「希望者全員」でムリか

2013.03.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 改正高年齢者法が、平成25年4月から施行されます。今後は、「希望者全員65歳まで継続雇用」が義務付けられると聞きます。たとえば、「企業秩序の維持という観点から再雇用が望ましくない」と考えられる高齢者であっても65歳まで雇用を継続する必要があるのでしょうか。【岡山・C社】

A

解雇や退職事由に限り可 労使協定の締結が必要

 改正法により、法律の本則では「希望者全員65歳まで継続雇用」が義務付けられました。しかし、例外が2通りあります。

① 経過措置に基づく例外
② 「指針に基づく例外」

 まず、平24附則4項により、「希望者全員継続雇用」の最低年齢は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月15日第2182号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ