通勤災害とするべきか 共用ビル内での負傷

2016.03.28
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 オフィスのある共用ビル内で、社員が帰宅の際階段から転落してケガをしました。これは、通勤災害ということでよいでしょうか。【高知・A社】

A

業務災害に該当し得る

 労働者が就業に際して被った災害が、労災法7条1項1号の業務災害になるか、同項2号の通勤災害になるかは、災害の発生した場所が「就業の場所」であるのか、当該場所と住居とを往復する経路上にあるのかで判断が分かれます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年3月28日第3058号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ