因果関係で争い起きたら 事故後にヘルニアを発症

2018.01.08
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自転車で走行中に前輪のフレームが折れて転倒し、左ひじの骨折と左足の打撲を負いましたが、2カ月後にMRI診断で腰のヘルニアが判明しました。保険会社は、骨折と打撲の交通事故との因果関係を認めましたが、ヘルニアについては主治医が原因を交通事故としているにもかかわらず因果関係を認めません。どうしたらいいでしょうか。【岡山・C社】

A

平行線続けば訴訟提起も 障害等級の認定に留意

 加害者による一般の交通事故とは態様が異なりますが、ご質問のようなケースでは自転車メーカーが加入しているPL保険の保険会社が相談者の交渉相手になることがあります。自転車メーカーがフレームの破損について全面的に過失を認めると、解決法は一般の交通事故とほとんど変わらなくなります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年1月15日第2298号 掲載
ページトップ