退職後に死亡し年金は? 在職中判明した病気で

2016.03.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 40歳代の従業員が定期健診で異常がみつかり、精密検査を受けたところ、重篤な病気と判明しました。当社の私傷病休職期間は1 年ですが、本人は「退職後に、万一のことがあったら、妻子はどうなるのか」と質問します。退職手続きを取ると、遺族年金に影響が及ぶのでしょうか。【愛媛・F社】

A

老齢年金の資格満たせば 障害状態でも請求は可能

 40歳代ですから、仮に退職して厚生年金の被保険者資格を喪失すれば、国民年金に加入する必要があります。奥さんが働いていて、厚生年金の被保険者であれば第3号被保険者、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年3月1日第2253号 掲載
ページトップ