支給延長いつ申し込むか 病気入院で求職活動中断

2017.09.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 長年勤めた職場(パート)で雇止めとなったため、求職活動を始めましたが、病気で入院することになりました。雇用保険の基本手当については、受給期間延長の手続きを採る必要があると聞きます。療養期間に応じて延長の日数が決まるようですが、回復のメドがたった時点で、延長の申込みをするのがよいのでしょうか。【山形・G生】

A

離職から4年まで可能に 手続きは早いほうが有利

 基本手当の支給期間は、所定給付日数の長い一部の受給者を除き、1年と定められています(雇保法20条)。起算日は、「離職の日の翌日」です。

 お尋ねの方は、3年以上の有期労働契約の雇止めなので、特定受給資格者となります(雇保則36条7号)。勤続年数も長いので、所定給付日数は少なくないはずです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年9月15日第2290号 掲載
ページトップ