再就職手当の返還必要か 転職後まもなく解雇 実家へ戻り求職活動を再開

2013.11.18
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 転職活動が順調で、雇用保険の再就職手当を受給しました。ところが、思いがけず再就職先でも「事業見通しの誤り」により、解雇の対象となってしまいました。当面、実家に戻って、地元で求職活動を再スタートする予定です。こちらのハローワークで受け取った再就職手当は受け取ったままで問題ないのでしょうか。【東京・F生】

A

基本手当残日数で調整

 再就職手当は、就業促進手当(雇保法56条の3)の一種です。基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上ある受給資格者が、1年を超えて引き続き雇用が確実な職業に就いたとき等に支給されます。

 再就職手当の額は、「基本手当日額×支給残日数相当日数×5割(支給残日数が3分の2以上のときは…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月18日第2945号16面 掲載
ページトップ