受給期間を再び延長?

2013.02.04
Q

 定年退職後、「心身のリフレッシュ」のために求職活動を希望せず、失業給付の受給期間を1年延長した高年齢者がいます。まもなく、1年が経過しますが、現在、体調を崩し、長期にわたり就労が困難な状況です。さらに、「傷病」を理由として、受給期間を延長することができないでしょうか。【兵庫・O社】

A

離職翌日から4年間が限度

 基本手当の受給期間を延長する方法は、2種類あります。

 第1は「妊娠、出産、育児、傷病、親族の介護等」を理由とするものです(雇保法20条1項)。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年2月4日第2907号16面
ページトップ