合算対象期間の範囲は 未加入者のみ該当か

2014.04.14
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年金の相談を受けることが多いのですが、個々のケースで合算対象期間となるかどうか迷うことがよくあります。基礎年金制度ができる昭和61年度より前の専業主婦や、平成3年までに卒業した学生など、かつて任意加入が認められていて加入していなかった人が対象であると認識しておりますが、正しいでしょうか。【岐阜・Y社労士】

A

改正で未納期間も算入

 合算対象期間は「カラ期間」ともいわれ、老齢年金の額へは反映させませんが、受給資格期間の計算に算入するものをいいます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年4月14日第2964号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ