中小事業主の範囲は? 建設現場で300人超に 労働保険事務組合へ委託

2017.09.06
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は建設業で、労働保険事務組合に事務処理を委託しています。受注状況が好調で、下請業者を含めると現場の人数が大幅に増えそうです。全体で300人を超えると、事務を委託できる「中小事業主」の範囲を超えてしまうのではないか、と心配しています。こうした場合、どのような取扱いになるのでしょうか。【東京・A社】

A

直接雇用者のみカウント

 中小事業主は、自ら行うべき労働保険料の申告等の事務を労働保険事務組合に委託できます(徴収法33条)。事務処理に要する人手・時間の負担を軽減するのが目的です。

 委託が可能な事業主の規模は、使用する労働者の数が常時…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月4日第3127号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ