50人未満のストレス検査は? 適用猶予される小規模企業 「全員参加」めざしたい

2015.10.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 安衛法で定めるストレスチェック制度ですが、当社は50人未満で適用猶予となっています。当社としては前向きに取り組む方針ですが、せっかく導入するのですから、「全員参加」の仕組みをめざしたいと考えています。「努力義務」の小規模企業でも、プライバシー保護に関するルールが厳格に適用されるのでしょうか。【福岡・M社】

A

義務規定でなく強制ムリ

 努力義務とされている小規模事業場は、労基署に対する報告義務(安衛則52条の21)は適用されません。しかし、制度の枠組みとなる部分については、「法令、指針等に従う必要があります」(厚労省・ストレスチェック制度関係Q&A)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年10月12日第3036号16面 掲載
ページトップ