加害者へ損害賠償選択か 人身傷害補償の額不満で

2021.11.13 【交通事故処理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 車同士の交通事故で被害者の私の過失が大きいということで、私の任意保険の人身傷害補償保険の適用を受けることになりました。しかし、その過失割合や支払われる金額などに不満があり、納得がいきません。人身傷害補償ではなく加害者側に損害賠償をさせるほうがいいでしょうか。【滋賀・K生】

A

「過失割合」小さければ 約款の基準で金額算定

 「人身傷害補償保険」とは、「被保険者が、被保険自動車や他車両に搭乗中、あるいは歩行中に、交通事故で死傷し、または後遺障害を被った場合に、過失割合に関係なく、損害保険会社の約款によって定められた支払基準により算定された損害額が填補される保険」のことです。

 補償される項目については、①「ケガによる入院・通院の場合」は「治療費等の実費、休業損害、精神的損害」、②「後遺障害が生じた場合」は「逸失利益、精神的損害、将来の介護料、その他の損害」、③「死亡の場合」は「葬祭費、逸失利益、精神的損害、その他の損害」です。

 「過失割合に関係なく保険金が支払われる」ために、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    2021年11月15日第2390号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ


    ご利用いただけません。