退職後も給付は続くのか 業務災害で休職し治療中

2017.05.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 業務上被災し、休業補償給付を受給しながら休職している当社従業員から、退職したいとの申し出がありました。リハビリ等できるだけの協力をしたいと考えているのですが、さし当たり、治療が終わるまで休業補償給付が受けられるのか、退職と同時に打ち切られるか心配です。また、今後、退職した場合、労災保険関連の手続きは、継続して当社がしなければならないと考えてよろしいでしょうか。【鹿児島・S社】

A

治ゆするまで補償あり 「事業主証明」なくても

退職者の休業補償給付と手続き

 労災法では、「保険給付を受ける権利は、労働者の退職によって変更されることはない」(12条の5)とされています。つまり、退職したからといって、休業補償給付が打ち切られることはなく、療養補償給付も同様に扱われます。

 休業補償給付は、勤続している会社に付帯してされる補償ではありません。あくまで、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年5月15日第2282号 掲載
ページトップ