骨折で障害認定されるか 崩れた荷の下敷きに

2021.09.28 【労災保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が、崩れた荷の下敷きになって右肘、右足を骨折してしまいました。先日症状固定との判断があったので後遺障害に係る労災請求を予定しています。障害補償給付における障害等級の仕組み、障害等級認定に当たっての考え方などを教えてください。【岡山・C社】

A

利き腕かどうか影響なし 「後遺障害」の有無判断

 障害補償は、当該傷病等が「治ったとき」に身体に障害が存する場合にその障害の程度に応じて行われますが、この障害補償給付の対象となる身体障害とは、労災則別表第1の「障害等級表」に該当する障害、または同程度の障害をいいます。

1 障害等級の考え方と給付額

 障害補償の対象となる障害の程度は、労基則別表第2に定める身体障害等級表および労災則別表第1の障害等級表に定められていますが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年10月1日第2387号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。