補償を上乗せするには? 自転車事故で週1通院中

2020.11.13 【交通事故処理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自転車で走行中、自動車に接触され手足にケガをしました。これまで1週間に1度、整形外科に数回通院していますが、レントゲンでは異常はありません。この交通事故で少しでも多く「主婦休業補償」や「通院慰謝料」などをもらいたいのですが、「医師や保険会社担当者との付き合い方」「治療費支払い打切りの対処法」等を教えてください。【新潟・B社】

A

請求する根拠確認して 主治医との連携を

 交通事故においては、「少しでも多くの損害賠償額をもらう」というのではなく、その事故に対して「正当な損害賠償額を求める」と考えたほうが、妥当な結果になります。

 加害者・損害保険会社が提示した各項目の損害賠償額に対し、

「もう少し増やしてほしい」と単純に金額の増加だけを求めていると、相手側は最初にかなり低額な賠償額を提示し、被害者の要求に応じて賠償額を少しずつ増やしていく、というやり方を採ると考えられます。加害者側が少額の増加を何度か繰り返した末に、「これが最終回答です」といわれると、それまでの経過から被害者は示談に応じる心情になりがちです。しかし、これが正当な賠償額と一致することは多くはありません。

 一方、被害者側が…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    2020年11月15日第2366号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ