パートの定時決定基準は 月17日以上勤務が原則

2017.02.03
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

社会保険の適用拡大により、週20時間以上のパートも健保・厚年の被保険者となりました。週20時間以上30時間未満の場合、週3日、4日勤務という人も多いはずです。毎年の定時決定の際、原則として「月17日以上勤務」が条件となっていますが、この条件を満たさない短時間パートはどのような扱いになるのでしょうか。【北海道・S社】

A

11日以上で算定対象 適用拡大の対象者に特例

 平成28年10月1日から、501人以上規模の企業を対象として社会保険の適用拡大が開始しました。企業全体で501人以上であれば、事業所単位では500人以下でも「特定適用事業所」として取り扱われ、「週20時間以上」等の基準が適用されます。

 被保険者の標準報酬月額は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年2月1日第2275号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ