所定との区分必要? 時間外労働管理で 新様式36協定は併記だが

2020.02.21
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は、今年3月に更新する時間外・休日労働(36)協定から、改正労基法による「時間外上限規制の強化」の対象となります。遅まきながら36協定の新様式を再確認したところ、時間外の上限について「法定を超える時間数」と「所定を超える時間数」を併記する形に変わっています。今後は、両者を区別して管理する必要があるのでしょうか。【奈良・A社】

A

法定超えが基準になる

 残業と一口にいいますが、いわゆる「法内残業」と「法定時間外労働」に分けられます。両者は割増率の取扱いが違う(「法内」は割増不要)ので、別管理とする会社もあります。しかし、事務簡素化の観点から、一律、同じ割増率を適用する会社も少なくありません。

 36協定を締結する際、改正前は2とおりの考え方がありました。基本は「法定時間外労働の上限」を定めるというものです。

 しかし、例外として、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月24日第3246号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ