一括下請負の判断基準は 原則として禁止と認識

2016.12.01
Q

 一括下請負というと、工事を施工するうえで責任の所在があいまいになるため法律で完全に禁止されているイメージがありますが、最近判断基準が明確になったと聞きました。その内容はどのようなものでしょうか。【香川・O社】

A

請け負った部分は施工を 計画策定して工程管理

 建設工事における一括下請負に関しては、建設業法22条1項、2項で「建設業者は、その請け負った建設工事を、いかなる方法をもってするかを問わず、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年12月1日第2271号
ページトップ