労災補償と併給できるか 自賠責も認定受けた場合

2019.05.30
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 マイカーで通勤中、交通事故に遭いむち打ち症で後遺障害が残りました。そこで労災保険に障害(補償)給付の請求で障害等級認定を行ったところ14級が認定されました。これより先に自動車保険でも14級が認定されその補償を受けていますが、労災保険の14級の補償金等は併給できますか。【静岡・T生】

A

逸失利益部分で調整あり 特別支給金等は全額給付

 労災保険では業務上または通勤による負傷や疾病が治ったとき、身体に一定の障害が残った場合には、障害補償給付(業務災害の場合)または障害給付(通勤災害の場合)が支給されます。以下合わせて「障害(補償)給付」といいます。

 後遺障害に関わる労災保険の給付「障害(補償)給付」には「障害(補償)年金(1級~7級)」と「障害(補償)一時金(8級~14級)」があり、14級の場合は、その保険給付として「給付基礎日額の56日分」がもらえます。

 さらに「特別支給金」として…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ