社宅と住宅手当に差? 社会保険料額どう影響

2018.04.02
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、家族手当を中心に手当の見直し検討を進めています。社会保険料の計算で、住宅に関して、住宅手当を支給する場合と、マンションなどを借り上げて社宅として貸与する場合でどのような違いが生じるのでしょうか。【宮城・H社】

A

現物給付はメリットが

 住宅手当は、その支給額の計算の基礎が月に対応するものであれば、法2条1項の報酬の範囲に含まれます(昭40・8・4保険発38号)。

 社宅の貸与は現物給与(健保法46条)に当たります。「報酬または賞与の全部または一部が、通貨以外のもので支払われる場合においては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月2日第3155号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ