10年年金で利点大きい? 高齢のパートに加入推奨

2018.03.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 高齢者をパートで雇用する際、厚生年金の加入でもめることがよくあります。今回、まもなく60歳になる方をフルタイム・パートとして雇いますが、やはり難色を示しています。「10年年金」の関係で、女性も年金をもらいやすくなったといいます。どのように説得するとよいでしょうか。【和歌山・E社】

A

女性は61歳支給開始も 在老の適用ある点注意

 厚生年金の適用事業所にフルタイムで常用雇用される方は、原則として厚生年金の被保険者となります。

 配偶者が厚生年金の被保険者であって、自分自身がこれまで国民年金の第3号被保険者であったとしても、今後は厚生年金の被保険者として保険料を納める必要があります。国民年金と異なり、60歳に達しても被保険者資格は喪失しません(厚生年金は70歳到達で資格喪失)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月1日 第2303号 掲載
ページトップ