振替加算はどの年代まで 母娘で同じ扱いになるか

2013.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 40歳代のパートさんと雑談の折、年金の話が出ました。「自分の母親が年金をもらえるようになったら、振替加算で父親の年金が減ったという話を聞きました。私が65歳になったときも、同じ(夫の年金が減る)なんでしょうか」と尋ねられましたが、そのとおりなのでしょうか。【愛媛・I社】

A

加入期間短い女性が対象 昭和41年生が最後の世代

 夫がフルの年金をもらえるようになった時点で65歳未満の妻の生計を維持していた場合、夫の年金に配偶者加給年金額が上乗せされます(厚年法44条)。しかし、妻(配偶者)が65歳に達すると、夫の配偶者加給年金額は支給されなくなります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月1日第2197号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ