遺族年金 受給要件で額に差ある? 在職中死亡なら「短期」か

2013.05.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 同じ遺族厚生年金でも、短期要件と長期要件の区別があると聞きました。在職中に死亡すると、短期要件に該当すると判断されるのでしょうか。どちらに該当するかで、年金額にどれほどの差が生じますか。【長崎・I社】

A

25年あれば選択できる 「長期」は乗率優遇措置

 遺族厚生年金は、被保険者または被保険者であった者が次の①~④のいずれかに該当する場合、その遺族に支給されます(厚年法58条)。

 ① 被保険者が死亡
 ② 被保険者であった者が、被保険者資格を喪失した後、被保険者期間中に初診日がある傷病により、その初診日から起算して5年以内に死亡…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年5月1日第2185号 掲載
ページトップ