労働時間と疾病の関係は くも膜下による過労死

2017.06.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員の一人が、スキルの高い人材であったために業務が重なり、深夜労働を含む長時間労働が続いた結果、死亡してしまうという事態を起こしてしまいました。死因はくも膜下出血です。会社としては、できるだけのことをしなければと考えています。労災保険の給付を申請することになりますが、いわゆる「過労死」の認定基準における労働時間の考え方はどうなっているのでしょうか。【奈良・S社】

A

残業80時間から危険水域 「精神的緊張」も考慮要素

労災法は、労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡に対して保険給付を行うと定めています(7条)。とりわけ…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年6月15日第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ