安全コンサルの仕事は? 外部からどう選ぶべきか

2021.11.01 【安全管理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労働安全コンサルタントはどのような仕事をしていますか。専門分野があるようですが、事業場等に適任の人をどう探せば良いのでしょうか。【新潟・D社】

A

職場巡視し「診断」行う 都道府県支部が紹介も

 労働安全コンサルタントは、労働安全衛生法(以下「法」)81条において、「労働安全コンサルタントの名称を用いて、他人の求めに応じ報酬を得て、労働者の安全の水準の向上を図るため、事業場の安全についての診断及びこれに基づく指導を行なうことを業とする」と規定されています。国家試験に合格し(法82条)、厚生労働省の名簿に登録(法84条)された安全のプロフェッショナルです。

 労働安全コンサルタントの試験区分には、機械、電気、化学、土木、建築の区分がありますが、合格後の業務は、試験区分に制限されず行うことができます。法86条により、コンサルタントは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    2021年11月1日第2389号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ
     

    ご利用いただけない機能です


    ご利用いただけません。