溶接ヒューム対策教えて 「屋内作業場」の想定で

2021.06.01 【安全管理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 溶接ヒュームの規制が強化されたといいます。屋内作業場に関して、講ずべき措置を教えてください。【静岡・S社】

A

特殊健診の実施対象に 作業主任者など猶予も

 溶接ヒュームは、神経性障害、呼吸性障害および肺がんの健康障害を有することから、特定化学物質に指定されました。これに伴って、特定化学物質障害予防規則(以下「特化則」という)38条の21に金属アーク溶接等作業に係る措置が追加されました。溶接場所は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年6月1日第2379号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。