別居の母親を扶養したい 入社以前は低収入で

2021.03.30 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 このたび採用した中堅社員は、「入社以前、独立起業を目指していたが、あまり収入のない状態が続いていた」という話です。安定した職に就いたということで、遠方の母親を健保の被扶養者にしたいと申出がありました。別居の母親でも、届け出れば問題なく認められるのでしょうか。【千葉・M社】

A

仕送り事実なければダメ 生計維持関係が必要で

 母親は「直系親族」ですから、「主として被保険者により生計を維持する」状態にあれば、被扶養者と認定されます(健保法3条7項)。同居は要件とされていません。

 ですから、お尋ねのケースでは、生計維持関係の有無を確認する必要があります。

 別居等の場合、対象家族が原則として次の基準を満たせば、被扶養者と認められます…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年4月1日第2375号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ