納めた保険料ほぼ戻るか 脱退一時金が5年分に

2021.01.28 【厚生年金保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年金制度に加入していた外国人の脱退一時金に関して、改正が実施されると聞きます。5年の範囲内であれば、支払った年金額がおおむね戻ってくるという理解で良いのでしょうか。【愛知・U社】

A

半年未満は切り捨てる 令和3年4月から施行

 脱退一時金に関しては、国民年金と厚生年金の双方に規定があります。企業にお勤めで、厚生年金に加入しているという前提で、ご説明します。

 被保険者は、毎月の給与と賞与受取時に厚生年金保険料を支払います。標準報酬月額(賞与額)に保険料率を乗じた額の2分の1が、被保険者の負担額となります(労使折半負担)。

 外国人は次の条件を満たせば、脱退一時金を受給できます(厚年法附則29条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年2月1日第2371号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。