派遣労働者へ任せられるか 指揮命令関係が逆? 衛生管理者の選任につき

2020.09.11 【労働者派遣法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 衛生管理者を務める従業員が退職し、後任の有資格者の件で頭を痛めています。派遣の利用も可能と聞きますが、この場合、派遣で受け入れた労働者が、衛生管理者として当社のスタッフに指示を出す立場となります。通常の派遣(当社の人間が派遣労働者を指揮命令)と逆のパターンになりますが、問題ないでしょうか。【大分・Y社】

A

派遣先の指示下変わらず

 まず、衛生管理者の選任ですが、第2種衛生管理者免許で良い業種(安衛則7条3号ロ)とそれ以外の業種(同イ)に分かれています。前者については、「自社の労働者以外の者」も衛生管理者に選任できます(平18・3・31基発0331004号)。

 この場合、ご質問にあるように異なる会社の従業員間で業務上の指示が出される形になります。労働者派遣とは、「自己の雇用する労働者を、他人の指揮命令を受けて、他人のために労働に従事させる(労働者供給を除く)」ことをいいます(派遣法2条1号)。

 ご質問のケースでは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年9月14日第3272号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ