社会保険の適用拡大と週20時間の判断

2016.07.07
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 パートへの社会保険の適用拡大で、週所定労働時間が20時間以上の者が対象になるといいます。20時間はどのように判断するのでしょうか。

A

 1週間の所定労働時間とは、就業規則、雇用契約書等により、その者が通常の週に勤務すべきこととされている時間をいいます。

 ただし、事業主等に対する事情の聴取やタイムカード等の書類の確認を行った結果、「残業等を除いた基本となる実際の労働時間が直近2月において週20時間以上である場合で、今後も同様の状態が続くことが見込まれるときは、週20時間以上であることとして取り扱う」(平28・5・13保保発0513第1号)としています。

ページトップ