年休中でも労災認定? 疲労蓄積により体調悪化 「業務遂行性」認められるか

2014.03.03
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 仕事が集中して、長時間残業が続いていた従業員が、まとめて年休を取る機会ができました。ところが、疲労が蓄積していたのでしょう。年休2日目にめまいと頭痛を訴えて、病院で精密検査をしたそうです。幸い異常は見当たりませんでしたが、労災保険ではよく「業務遂行性」ということばを使います。仮に重症の場合、どのように説明すれば、認定が下りるのでしょうか。【山口・H社】

A

発症前の労働時間等みる

 労災保険では、「業務上の負傷、疾病、障害または死亡」を業務災害と呼んでいます(労災保険法7条1項1号)。

 業務上の傷病と認められるには、一般に…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月3日第2959号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ