宿直業務の最低賃金は? 実働少なく待機長い 時間当たり単価どう算出

2022.06.03 【最低賃金法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 宿直業務のみ従事する従業員を雇用しようか迷っています。業務としては、巡視や非常時に備えて待機する時間が長くあります。1日いくらで賃金を支給したときに、実働時間で割り出して最低賃金と比較して問題ないでしょうか。【神奈川・R社】

A

減額特例あり許可検討も

 宿直業務は、労基法41条3号に定める監視または断続労働の一態様とされています。本来の勤務がこれに該当する者と、宿日直勤務でこれに該当する者に分けられています(労基法コンメンタール)。本件は前者です。

 法41条は、たとえば管理監督者など労働時間、休憩、休日の適用を除外するという規定で、監視断続労働に関しては、行政官庁の許可を受けることが、除外の要件です。

 労働時間等の適用がなくても、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年6月6日第3355号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。