店長が過半数代表に? 店舗には正社員ひとり 就業規則変更で意見聴取

2017.03.20
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 契約社員として小売店舗で働いていましたが、このたび晴れて正社員として採用され、店長の辞令を受けました。それは良いのですが、本社の方から、就業規則改定の意見書に代表として印を押すよう指示を受けました。「正社員は私だけだから」という理由ですが、いわれるとおり捺印して問題ないのでしょうか。【神奈川・I生】

A

パートら含め選出手続き

 ご質問に関しては、「協定当事者として要件を満たすか」という問題と、それに付随して「独立した事業場に該当するか」という問題を検討します。

 労使協定の一方である過半数代表者は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月20日第3105号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ