人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2020.06.08 【労災保険法】

欠勤が給付に影響か 業務上災害の休業補償

ジャンル:
  • 労災保険給付
  • 業務災害
  • 通勤災害
Q

 業務上災害で休業したときに、平均賃金をベースに労災保険給付の額を計算すると思います。直近3カ月に私傷病で欠勤があるとその分減る形になってしまうのでしょうか。【埼玉・I生】

A

私傷病期間を除外する特例

 平均賃金の計算に関して定めた労基法12条では、平均賃金を算定すべき事由が発生した日(賃金締切日がある場合は、直前の賃金締切日)以前3カ月間の総暦日数と、その間支払われた賃金総額から、1日当たりの賃金額を算出するとしています。業務上の傷病により休業した期間およびその間の賃金は、計算から除外します。…

回答の続きはこちら
2020.05.27 【労災保険法】

デパート立ち寄り通勤災害は 「逸脱・中断」範囲教えて

ジャンル:
  • 通勤災害
Q

 従業員が以前、会社から自宅への帰宅中に最寄駅近くにあるショッピングセンターに立ち寄り、夕食の食材を購入後、隣接デパートの衣料品売り場で小一時間ぶらぶら(ウインドウショッピング)してから帰路に着いたとのことです。自宅近くまで来た際に側溝の段差でつまずき負傷したのですが、この場合の従業員の逸脱・中断は「日常生活上必要な行為であって厚生労働省令で定めるものをやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合」に該当するでしょうか。【埼玉・J社】

A

日用品といえるか判断 時間など最小限度が条件

1 通勤途中における「逸脱」および「中断」の考え方

 通勤途中において、労働者が逸脱・中断した場合、その後における帰宅行為は原則として通勤とは認められないものとされていますが、逸脱・中断の目的が「日常生活上必要な行為であって厚生労働省令で定めるものをやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合」には、当該逸脱・中断の間を除き、合理的な経路に復した後は通勤と認められることとされています(労災法7条3項)。

2 「日常生活上必要な行為であって厚生労働省令で定めるもの」とは

 「日常生活上必要な行為」については、厚生労働省令で次のように定められています(労災則8条、下図参照)。…

回答の続きはこちら
2019.12.12

網棚からバッグが落ちてケガをさせた場合、賠償額は200万円!?

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
  • 第三者行為災害
  • 通勤災害
Q

 電車の網棚に乗せていたバッグが落ちてしまい、座っている人にケガをさせてしまったとします。座っている人は、通勤災害ということになるのでしょうか。

A

 電車が急停車したため転倒して受傷した場合、駅の階段から転落した場合、そして歩行中にビルの建設現場から落下してきた物体により負傷した場合など、一般に通勤中に発生した災害は通勤によるものと…

回答の続きはこちら
2017.07.18 【労災保険法】

就業場所間の通災か 家業を終業後手伝う

ジャンル:
  • 副業・兼業
  • 通勤災害
Q

 当社では兼業を許可制にしています。家業(自宅と別の店舗)を手伝いたいという申し出がありました。終業後として、移動中の事故は通勤災害といえるのでしょうか。【新潟・S社】

A

保険成立が条件に

 就業の場所から他の就業の場所への移動も、通勤の範囲に含まれています(労災法7条2項2号)。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ