人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2021.10.01 【労災保険法】

責任果たすためすべきことは 過労死防止図る上で 兼業者に対する残業命令

キーワード:
  • 副業・兼業
  • 残業
Q

 政府が副業推進に向け旗振り役を務めるなか、当社も兼業を届出制に改めました。現場の管理者のなかには、「ダブルワーカーに対して、残業命令を出しにくくなった」とこぼす人もいます。しかし、業務繁忙期に、兼業者だけ早帰りさせると、不公平感を生みます。会社として、過労死等の責任を回避するために、労務管理上、どのような点に注意すべきでしょうか。【茨城・F社】

A

自己管理行うよう指示を

 ダブルワーカーの労働時間管理に関しては、令和2年9月改定の「副業・兼業ガイドライン」の中で「簡便な管理モデル」が紹介されています。

 本業の法定外労働時間と副業の労働時間(所定労働時間+所定外労働時間)について、両者の合計が時間外上限規制(単月100時間未満、複数月80時間以内)を超えない範囲内で上限を設定します。本・副業の事業場は、この上限の範囲内であれば、他事業場での時間外労働の多寡に関係なく、残業を命じることができるというものです。…

回答の続きはこちら
2021.09.13 【育児・介護休業法】

休日労働の制限は? 残業を回避したはずが

キーワード:
  • 残業
  • 法定休日
Q

 奥さんが第二子を妊娠した同僚と、今後残業をする・しないという話をしました。残業がなくなっても休日出勤を命じられたら、という話になりよく分からなくなりましたが、法的にはどうなっていますか。【青森・M生】

A

「所定外」は免除対象に

 女性に関して、妊産婦(妊娠中または産後1年を経過しない女性)は、本人の請求により時間外の制限がありますが、条文(労基法66条)に休日に労働させてはならない、と規定しています。もっともここでいう休日は法定休日と解されます。

 育介法では、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。