加入メリットどう説明? 老齢年金の支給要件緩和

2017.02.04
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 老齢年金の支給条件が緩和され、パートの間でもちょっとした話題になりました。今後、パートとして採用する人に対して、「年金加入のメリット」を強調する際、どのように説明すればよいでしょうか。【静岡・U社】

A

10年で受給資格を取得可 本年8月1日から適用

 老齢基礎・厚生年金は、現在、資格期間(保険料納付済期間、免除期間、合算期間)が原則25年以上ある場合に支給されます(国年法26条)。

 年金強化法により、資格期間の短縮(10年)は決定済みでしたが、その実施時期が未定となっていました。しかし、「年金強化法の改正案」が成立し、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年2月1日第2275号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ