遺族年金もらえない? 辞職後7年後に死亡

2015.12.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 知人の夫は、就職後10年足らずで発病し、辞職して7年余り闘病した末に他界しました。年金について問い合わせると、遺族厚生年金の受給資格はなく、子どももいないため遺族基礎年金もないと知って困っていたところ、障害年金に詳しい社労士からまだ可能性があるといわれたそうです。どのような根拠によるのでしょうか。【新潟・K子】

A

障害2級なら可能性がある

 遺族厚生年金は「子のない配偶者」でも受給できますが、死亡した者が厚生年金保険の被保険者であるか、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年12月14日第3044号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ