業務上負傷で年金支給は 「20歳前障害」の受給権者

2019.03.27
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 障害者の方を、短時間のパートとして雇い入れました。ところが、意思疎通に問題があり、危険な作業ミスを連発します。今後、災害の防止に努めるとして、被災時の年金について質問があります。この方は、20歳前の障害に基づく障害年金を受給しています。事故で労災から年金が出る場合、基礎年金の方はどうなるのでしょうか。【三重・T社】

A

労災給付あると支給停止 所得額による制限もあり

 障害基礎年金は、基本的に被保険者期間中に初診日のある傷病を対象とします(国年法30条)。しかし、国民年金の被保険者資格を取得するのは、原則として20歳に達したときです(第1号被保険者)。例外として、20歳前に厚生年金の被保険者になれば、その時点から国民年金の第2号被保険者になります(同8条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成31年4月1日第2327号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。