「業界進出」を促す政策か 女性の技術者が増加傾向

2018.08.30 【建設業法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 最近、現場へ行くと女性の技術者や技能者の姿が多く見受けられるような気がします。女性の業界進出の方策があるのでしょうか。【広島・O社】

A

行動計画で倍増めざす 職場環境づくり盛り込む

 建設業では少子高齢化の影響で従業者の高齢化や若年労働者の減少、新卒者の離職率の上昇等で深刻な人材不足に見舞われています。これらの背景のもと2014年4月に「もっと女性が活躍できる建設業」へ向けた国交省と建設業5団体の会談が行われました。その中で、1)女性の担い手確保を建設業の国内人材育成・確保策の柱の一つに位置付ける。2)女性技術者、技能労働者を5年以内で倍増を目標に定め、同年8月に「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」を策定しました。

 具体的な取組みは次のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    平成30年9月1日第2313号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ